アヤコタナカドライフラワーアレンジメントスクール

AYAKO TANAKA BLOG

2017年6月12日 ≪楽しみつつ≫

 

来月のクリエーションクラスのテーマが河瀬直美さんなのでさっそく「光」見てきました。
カンヌが育てたと言われている河瀬さんの作品、私はテレビで放映されている「あん」を観ただけでした。
今回の作品も胸がぎゅっと締め付けられるような想いをずっと感じながら最後まで引き込まれる様に観ていました。

生まれ故郷の奈良を舞台に映画を撮ってきた彼女の作品、奈良から通ってくれているNさんと、話していて気付いたことが、川瀬さんの作品ってフランス映画にすごく近いのではないかしらということ。
クリエーションのクラスのメンバーだけでなく、他のクラスのメンバーもとても興味を持ってくれている「現存の女性アーティスト」のカリキュラムでは、知らなかったことに毎回気付かせてもらって本当に面白いです。

次は「ザ・ダンサー」を観てきました。こちらはステファニー・デイ・ジュースト。

 

女性監督で昨年のカンヌ映画祭である視点部門に出品された作品だそうです。光と影の美しさ、苦しさを表現しているところに「光」と共通する部分が見えました。

私は踊れないのですがどんなジャンルであっても、舞台・映画をみつけると行きたい!(笑)と思ってしまいます。
今年の後半もいろいろありそうなので、やりくりしていきたいなぁ。

今年の作品展に向けていろいろ見えてきました。たぶんお越しくださる方々が喜んでくださる作品群になると思います!
ドキドキしつつ丁寧に9月まで皆と楽しみつつ過ごしたいです。

<前の日記 | 一覧に戻る | 次の日記>

 

 

▲TOPに戻る